★☆ Live your life ☆★

ぼちぼちのんびり書いてます。

入院、その後。

おかげさまで、コイチャンミンの退院後怪我の経過はよく、落ち着いています。…と思っていたら、今日の通院で、鎖骨骨折以外に肋骨にもヒビが入っていることが判明。どんな転け方したのか、興味が湧いてきました😀

今週いっぱい仕事の予定をキャンセルし療養していますが、怪我をしたことをいいことに、重いものが持てないなど甘えたことを言っているので、そろそろ喝!を入れてやろうと思っていた矢先だったけれど、肋骨にまでヒビが入っているならば、まあ、もうしばらく甘えさせてやろうと、女神のような気になっています。優しい。

 

ところで、B型のコイチャンミンは、骨折&入院を誰かに言いたくてしかたないようで、ワンコのお散歩途中に会う人会う人(ワンコ友達)に、骨折&入院の話をします。まるで自慢。A型の私には信じられない行為です。(B型ごめんね)

まあ、今回の怪我で私への感謝の念は耐えないみたいで、気を遣ってくれていることはわかる。それがわかる私も、甘えていると思いつつも、できることはやってあげようと気を遣ってあげている。(上からww)

こんなかんじで、年老いた夫婦は助け合うのかと、まだ50才を過ぎたところで考え始めています。

 

f:id:ayako312:20210609235135j:image

 

実は、怪我をしなければ、今月からテニスを習う予定だったんです。それが延期になってしまったのがとても残念。

リハビリ頑張ってもらって、早くテニスにいけるようにしてもらいたい。でないと、ドンドン老け込んでしまいそう…

入院。

先週火曜日、仕事の付き合いでゴルフに出かけたコイチャンミン。2ホール終わったところで電話をかけてきた。「転けて、肩から落ちて、おそらく脱臼してるやろから、病院に行くわ。今から帰るからマンションの下まで整形外科の診察券持ってきて。」とのこと。幸いゴルフ場は車で10分という超近くだった。「アホちゃーう!2ホールでお金払って帰ってくるなんて!」と心の中で笑っていたのも束の間。近くの整形外科から再び電話。「鎖骨が折れてて、折れた骨が垂直に出てて、ここの病院では手術でけへんから、大きな病院に紹介状書いてもらった…今からタクシーで行ってくるわ。」と。折れた骨が、垂直に?聞いただけで痛い💦次の電話を待っていると、明後日から入院とのこと。なんや、すぐに入院させてもらえるわけじゃないのね。

一旦帰ってきたコイチャンミンの右腕は鬱血して紫色に腫れ上がっている。この状態で明後日まで入院できないなんて気の毒な…と思いつつも、なんで転けたんかというのが気になる。

アップダウンの激しいホールで、ボールが斜面の上まで飛んだから、拾いに行って、降りてくるときに足が絡まってダダダダダー!と肩から転けたらしい。頭も打ったみたいやけど、幸いそこはゴルフ場。芝生で守られたんやね。鎖骨折れただけでラッキーやったんちゃう?

 

そして、転けた日から2日後の木曜日に入院で金曜日には手術です。幸い私は木曜日は予定オフだったので、タクシーを呼び、入院に付いて行ってあげました。優しい❣️コロナ禍なので、入退院のときだけ付き添い可で、その他面会は一切禁止。まあ病気じゃないし、別にかまへん、仕事も入ってるしね。しかし、手術の日の朝、突然電話があり、「20分後に手術始めるんやけど、全身麻酔やから、奥さんに病院に来てもらってって言うてるんやけど、、」と遠慮がちにコイチャンミンが言う。えー、終日仕事入ってるよー。しかも午後は月2回のコンサルやよー。今日の今日リスケするなんて、、、と言いたくなるのをグッとこらえ(ちょっと漏れてたけど)、急いでクライアントに事情説明の電話を入れ、タクシーを呼び、30分後には病院に到着。

しかし、面会禁止だから、手術後に先生から説明を受けるだけとのこと。なんじゃい!ほんなら電話でもええんちゃうん!と思ったけど、手術中(手術後も)何かあった時のために、身内は控室にいないといけないらしい。何もあるかい!と心では思っていたけれど、2時間強待っている間、本を読んでいたのだが全く内容が入ってこないし、ページが進まない。やっぱりちょっとは心配してるんやな、私。優しい❣️

手術が終わって、看護師さんに声をかけられて手術室の階まで向かい、先生から説明を聞いた。折れた骨を付けるためにプレートで固定してネジで6ヶ所止めたと。見せられたレントゲンにきっちりネジが6本写ってた、、こわ…。説明後「もうすぐご主人が出てくるから、外でお待ち下さい。」と。面会禁止ちゃうんか?会えるのか?

ベッドに乗せられ、酸素マスクして、点滴して、心電図?付いたのを見たら、なんか痛々しくて可哀想になったけど、開口一番「タバコ吸いたい…」と言いよった💢心配して損した!

ベッドのまま病室まで運んでくれ、面会禁止は名ばかりでそのまま病室まで行けました。

ベッドの上のコイチャンミンは、一気に弱ったじいちゃんみたいに見え、なんやかんや言うても61歳かぁ…としみじみ。術後の経過も問題ないとのことで、土曜日に退院しました。たった3日の入院でした。

ああ、疲れた。

 

f:id:ayako312:20210530120050j:image

翔が大喜びしてくれると期待していたようだが、なんだかあっさりの翔。入院前から様子がおかしいことに気づいていたようだし、なんかちんがーう…と思っているのか?

それにしても、見た目が若いからと油断してはいけない。年相応に身体が弱っているのだと痛感した出来事でした。

よく転ける私も、決して他人事ではありません。気をつけよう。

グローバル展開。

今日は某企業A社から、「センターの品質のグローバル基準を作りたいので、アドバイスがほしい。」という相談を受けました。偏った意見ではなく、どこにも属さずフリーの私だからこそ言える、忌憚のない意見がほしい!と言われたので、私も遠慮なく、しかし〝あくまでも私個人の意見〟と言う前提に、いろいろアドバイスさせていただいた。

企業に属していると、当然、その企業を推すことが前提になる。今の私にはその必要が全くないので、本当に感じたこと、コロナ禍だからこそどうするべきか?という視点で、気がつけば熱く長い時間話し続けていた。もちろん、オンラインで。

形に拘らず、周りに振り回されず、正しい選択をするということが大事。

 

先方と話をしていると、私の話がしっくりきたようで、、、と、いうよりも、答えはすでにお持ちだったのだろう。自分たちの考えていることに間違いがないか、このまま進んでもいいのか、背中を押して欲しかっただけだったのかもしれない。

最後に、今後なんらかの形で一緒に仕事をしたいと言っていただいた。

考えやコンサルスタイルに偏りがないことをわかってもらえたのは、大きかったのかも。

 

f:id:ayako312:20210524235732j:image

あともう2社から。教育コンサルのオファーもいただいている。このご時世、本当にありがたい。気を抜かずがんばろう。

 

通院。

2008年だったと思うが、不整脈カテーテル手術をしました。治療手術ではなく、不正脈の状態をカテーテルで見て治療法を考えるというもの。右心室か左心室か右心房か左心房かのどこかに原因があったのだが(当たり前やけど)、カテーテルで治療できる位置かどうか微妙だとのことでした。それでも手術するか、それとも一生薬で症状を抑えるかの二択で、怖がりの私は迷わず薬を選んだのでした。

その後、3ヶ月に一度通院し、心電図のチェック、年に一度は24時間ホルター心電図のチェックをして経過観察。数年は不正脈がちょこちょこ出てたものの、だんだん不正脈は出なくなり、自覚症状もなくなったので、通院は半年に1回となり、「薬が効いてるのかなあ、この薬は治療ではなく抑えるだけのものなのに、とてもあなたに合ったのでしょうね。」と、先生も驚く快復で、ここ数年は年に1回となり、乙姫と彦星の逢瀬になりました。

不正脈については、「発作でますか?」「いえ出ません」の会話で終わり、健康診断の結果を持参して健康アドバイスをいただくと言うスタイルに。

去年はコロナ禍ということもあり、通院は控えてたけれど、ぼちぼち行っておかないと…と思い、昨日1年半ぶりに行きました。病院の感染対策はすごいね。先生も看護師さんも受付の方もたいへんやわ。ほんと感謝です。

 

コレステロールの値が高い。そう言えば、食事に気をつけるように言われていました。魚卵系、内臓系を控えるようにと…すっかり忘れてましたね😅

 

f:id:ayako312:20210521112554j:image

蕎麦はいいよね。カツ丼は余計やな…

 

f:id:ayako312:20210521112843j:image

 

たらこ、いくら、、、ダメ

乳製品もダメ

チーズ、牛乳、ヨーグルト、バターは、どれか一つにしなさいと。

とほほ。食パンにバターたっぷり、牛肉とともに!そしてヨーグルト!は朝の定番なのに、考えないといけません。。

 

阪神絶好調。

ゴールデンウィークまで神話〟もなんのその、首位キープ、絶好調!

4月に緊急事態宣言発令となり、野球観戦も控えていたけれど、5000人上限で観客を入れるとのことで、ダメ元でチケットを探したら、確保できました。しかし、緊急事態が延長になり、チケットも払い戻しか…と思ったけれどセーフ。事前に個人情報を登録したり、前後左右の席が空いていたり、マスクチェック警備員がいたりと、感染対策はバッチリだったので安心して観戦できました。

と言っても、斜め後ろの若者たちがうるさい。守っても攻めても解説者さながらのうんちくを言いっぱなし。私も家ではそうだが、さすがに球場ではやらん。あまりにもうるさいのでコイチャンミンが「ちょっと静かにしてくれるかな」と注意。それでもしばらくしたら、ポテトを食べながら、もちろんマスクを外してペチャクチャペチャクチャしゃべっとる。同じ阪神ファンには寛大な私もさすがに堪忍袋の尾も切れて、「ずっと黙ってろとは言わんけど、マスク外して食べてる時ぐらい黙られへんかな。」と優しく注意。ほんま、このご時世、黙って観戦が基本やで。

そういえば、最近は、〝カンセン〟といえば、専ら〝感染〟でしたが、久しぶりにこっちの〝観戦〟を使ったよね。

 

f:id:ayako312:20210518235027j:image

2階席だったので遠かったけれど十分。

この日は、未だヒット0のロハスがスタメン落ちし、陽川がスタメン。「使ってもろたときぐらい打ちやー!」と思ったら、しっかり結果だしたよね。よしよし。

そして先発ピッチャーは、初登板のアルカンタラ。決して良いとはいえない出来でしたが、送りバントだけは百点満点💯。犠打の代打要員でも十分通用しそう。

 

2点を先制されたけれど、ルーキー中野のヒットからアルカンタラの絶妙犠打、近本とつないですぐに同点に追いつき、次の回に陽川の2ランホームラン。

そのあと、1点差まで追いつかれたものの、岩貞→岩田→スアレスと繋いで勝利!

 

あー、スッキリ💛

しっぽ

最近、しっぽが下がっていることが多い。

 

f:id:ayako312:20210516222225j:image

これは、先日、うちのワンコがお気に入りの公園に行ったときのもの。いつもはしっぽフリフリ大喜びなのに、この日は着くなりこんな状態でした。

念のため病院でレントゲンを撮ってもらうと、しっぽの付け根部分がちゃんと写っていない。これは、ウンチがたまっていて写っていない可能性と、骨がスカスカになっている可能性の両方考えられるとのこと。2〜3日経ってもしっぽが上がらなかったら、もう一度来てくださいと言われ様子を見ることに。

 

f:id:ayako312:20210516223015j:image
f:id:ayako312:20210516223019j:image

 

その後、夜になると下がるものの、日中は上がるようになりました。

もうシニアだから、夜になると元気がなくなって下がることは仕方ないらしい。

f:id:ayako312:20210516223150j:image

夜になると、リビングでも寝ている。

かわいい😍

 

テレワークで一緒にいられる時間が長くて安心と思っていたけれど、あまり居すぎると、ゆっくり寝られないから、ダメなんよね。

 

4〜5時間は一人になる時間を作ってあげないといけないね。

狭い行動範囲でも楽しみを。

コイチャンミンが最近Facebookのご近所の情報を得られるコミュニティに参加し、近場の情報収集や情報提供に凝っている。お金かかれへんしヒマつぶしにはいいよね。

昨日のいちご狩りもそのコミュニティで得た情報やったし。

どこどこの川沿いの桜が見頃だとか、あそこのお店の何が美味しいとか、なんかのドラマの撮影に使われたとか、比較的近くに住んでいても知らない情報もある。

 

f:id:ayako312:20210502162818j:image

お魚料理を出すお店とか、


f:id:ayako312:20210502163026j:image

ネパール&インド料理。

 

f:id:ayako312:20210502163030j:image

夜は居酒屋風お寿司屋さん。

 

f:id:ayako312:20210502163441j:image

料亭で働いていたらしい大将が作るラーメン。

 

コロナ禍で、あまり遠出もできず、行動を制限させる中、近場で楽しみを見つけています。