★☆ Live your life ☆★

ぼちぼちのんびり書いてます。

色どり豊かな人生

自分の人生、これまで色どり豊かだっただろうか。私は色どり豊かなほうだと思っている。仕事ではそれなりに苦労はすれど、成功しているほうだと思う。いろいろあったけど、まあパートナーには最終的には出会うべき人と出会ったのだろうと思っている。

 

だからと言って、私が彼女だったら「可哀想だと思わないでほしい」と言えるだろうか。私は悲劇のヒロインになってしまいそうだ。

 

f:id:ayako312:20170625232204j:image

 

比べてはいけないし、想像することもできないけど、こんな可愛い子を残して逝ってしまうのかと思うだけで胸が苦しくなる私は、ちっちゃなちっちゃな弱い人間なんだろう。

しかし、何年生きるかではなく、如何に生きるかだと誰かが言ったが、まさにそのとおり。これから長いか短いかわからないけど、如何に生きるかを考えていきたい。

そういえば、ブログのタイトル「live your life」ってそういうことなんだけどね。

 

もう少し落ち着いたら、ゆっくり書きたいと思います。

アイドルの結婚宣言に考えされられること。

全く興味のなかったあの総選挙、結婚宣言のお陰で注目するハメになってます。サッシーとまゆゆガチャピンぐらいしか今のメンバー分からなかったけど覚えましたよ、須藤さん。それだけでもやったことは正解ということではないだろうか?

誰が結婚しようが、それをどこで言おうが全くどうでもいいことだけど、あの優子ちゃんのアレはあかんかったよね。気持ちは分からなくはないけどあまりにも下品すぎたよね。

自分たちの時代では考えられない…ということなんだろう。「自分たちの時代」…って、ほんの4-5年前じゃない?そんなの私たちからしたら、おとといぐらいの感覚だわさ。

 

しかし、この「自分たちの時代」って、誰しも口にしたり、口にしなくても考えたりするものだと思うの。

例えば、仕事なんて始業時間のせめて10分前に来て準備するのは当たり前、仕事覚えるまで多少の残業なんて当たり前。とか。

ファッションだって、そう。今日もクライアントさん先で若い女性が、白のブラウスに黒の下着を着ているの。それこそ「自分たち時代」では下品よ。でも、今やズボンからパンツを見せるチョイ見せファッションとかあるからね。

そもそも「ズボン」て言うてる時点でアウト!やね。

 

しかしね、私もきっとそうなんです。私が入社したころの女性の役員さんのファッションと、今の私のファッションを比べてみると…あかんあかん。あのころの役員さんの年齢を超えた私。

あの頃の役員さんは、ジュンアシダに身を包んでいました。まぁ、バブルやったしね。

それらしい服装を…と心がけてはいるけれど、やっぱり、あの頃のファッションとは違う。だからあの頃の役員さんが今の私の服装を見たら、「自分たちの時代はな…」って、お説教されるかもしれないな。

 

f:id:ayako312:20170623000651j:image

 

なーんてことを、クライアントさん訪問前のランチタイムに考えたりしていました。

食べるものだけは、あの頃の役員さんには負けてないけどな。

なんてね。

 

 

働くママさん、もう一人

先日、AI子さんの話をしましたが、彼女はある会社の役員になりました。少し前に書きましたけど。

ちょっと前にAI子さんの会社の近くの、私のお気に入りの参宮橋のイタリアンでランチをしながら、ビジネストークをしました。

注文は前菜とパスタのランチ。次のアポまで時間がなくて、1時間という限られた時間で、いっぱいしゃべりましたよ。

f:id:ayako312:20170618233956j:image

 

と言っても、最近AI子さんが飼い始めたワンコの話が半分ぐらいでしたけど。

 

具体的にビジネスでの付き合いも始まることになり、会社は違えど会社を支えるという同じ立場で、いろんな話ができるのは、ありがたい。私の良き相談相手であり、良き友達です。

 

f:id:ayako312:20170618234250j:image

ここにもいます、働く素敵なママさんが!

 

時間ないっていうのに、私たちはドルチェに。最初からメニューを見る目はドルチェに釘付けだったかも…。

 

f:id:ayako312:20170618234938j:image

 

二人とも食べることが大好きなので、次は代々木八幡のフレンチにしようと約束し、そそくさとお店を後にしました。

中には、仕事の選り好みをしたり、都合のいい仕事しかしないママさんもおるみたいだけど、うちにいた(いる)ママさんは、ほとんどすばらしいよね。ありがたいことです。

 

AI子さんとの次のフレンチを楽しみに、明日からまた始まりますよ〜。楽しみながら、やりますよ〜。

 

ママさんのパフォーマンス

6月も中旬です。早いです。うちの会社は12月決算なので、約半分終わったことになります。

今年は退職者が出て、新しいスタッフが増え、一時はどうなるかと思ったけど、新しいスタッフは、それはもう頑張ってくれています。退職したスタッフも、4月から新しい職場に行ってるにもかかわらず、5月末までちょちょい手伝いに来てくれたり、いろいろ気にしてLINEをくれたりと気にかけてくれているのは本当にありがたい。

新しいスタッフ5人のうち2人は、以前うちで働いていたAI子さんのママ友を紹介してもらったんですが、今日はその二人を労う気持ちでランチに誘いました。

 

f:id:ayako312:20170617000918j:image

シェゆりののランチです。

f:id:ayako312:20170617001545j:image 

 

前々から思ってるんだけど、ママさんの仕事のパフォーマンスってすばらしいよね。仕事を決してダラダラしない。お子さんのために早く帰らないといけないから、必然的に時間内のパフォーマンスは上がる。前の会社でもそうだったけど、どちらかというと効率の良い朝早めに来て、ちゃっちゃと仕事を片付ける。つまらない愚痴は言わない。無駄口をたたかない。できない理由ではなくやるためにどうするかを考える。など。

時短であっても、出張できないなどの制限はあっても、結果的に「ちゃんと仕事をする」のは、ママさんかもしれない。

もちろん、うちの他の新しい若いスタッフも頑張ってくれています。うち1人を来週からマニラに出張に行かせるけど、いない間困るなあと感じるほどです。(ボスがいなくてもあまり困らないけど…笑)

 

一方、ここのところ新規の案件のお問合せが非常に多い。毎日出ずっぱりです。嬉しい悲鳴。出ずっぱりでも仕事が回るのは、新しいスタッフが留守を守ってくれているからです。助かります。

これら案件を受注できたら、来月以降はとんでもない仕事量になりそうですが、なんとか乗り気らないといけない。

さあ、後半はもっと忙しくなりそうです。

 

つかの間の逢瀬

前後しますが、ちょっと前、大阪から友人アオコが東京に来るというので一緒に鰻を食べに行きました。

 

f:id:ayako312:20170611221604j:image

 

アオコは簿記の資格を取るために猛勉強中。朝早く起きて勉強をしています。カシコやわ。そんなカシコなアオコは、天然なところもあって、この鰻屋さん、アオコが予約してくれたのに、集合時間30分間違えるし、上野駅前でプチ迷子になり、「今どこ?」と電話で聞くと「大きな交差点です。」て、上野の駅前のあの道沿い、全部そこそこ大きな交差点やでな。おもろかわいい❤️

いつもの東京在住の友人Kと3人で、つかの間のディナーを楽しみました。

 

ちょっとしか時間がなくてもこうして会えるのは楽しいし、嬉しいことです。

 

 

 

「心」で見たら違って見えるんやで。

山口県はせっしゃの故郷。今日は山口県下関市で仕事でした。下関から本家のある山口市までは結構遠いので、親戚ん家に立ち寄ることはできませんでした。残念。

小さい頃に、田舎に帰ったついでに下関まで来たことはなんとなく覚えているが、景色など何一つ覚えていない。下関駅に降り立っても懐かしさもなく、ただなんとなくお土産屋さんに入りました。するとその時!目に飛び込んできたのは、この人形。

 f:id:ayako312:20170611071413j:image

 

 別に可愛くないよね。いろんなサイズのこの人形が昔実家にありました。5種類はあったかな。せっしゃが田舎に帰るたびに、買い揃えてたんやと思う。実家のサイドボードに綺麗に飾られていたその人形を、「かわいい💕」なんて思ったことは一度もなく、おかんが亡くなって、せっしゃがつーと一緒に住むようになって、実家を売ったときに荷物を整理したけど、迷わず「捨てる」チームの仲間入りになった。

しかし今日、これを見たとたんに涙が溢れてきた。「あぁこれ、実家にあったなあ」と言う思いと、「せっしゃが大事にしてたのに、なんで全部捨てたんや」という後悔。

おんなじものを見てもかわいいと思うか思わないか。それを「目」だけで見るのではなく、「心」で見たから違うように見えたんやね、きっと。

 

一番小さいのをレジに持って行き、聞かれてもないのに、「父が山口県出身なんです」と言った。「そうですか、かわいいですよね、これ。一つずつ表情が違うんですよ。」と店員さんは、丁寧に返してくれました。

 

その場でつーに写真を送り、「これ、懐かしいやろ。いる?」って聞いたら、「いらんで!」やて。ドライやわ、つー。

 …シュン…💧

 

追伸  この人形は、大内人形といい、山口県の民芸品です。

 

完封負け

明日、下関出張なのですが、東京→下関は新幹線で6時間もかかるので、飛行機で福岡経由で前乗りすることは少し前に決まっていた。その方が安いしね。で、福岡のクライアントさんに「6/9福岡に別件で行くのですが、ご挨拶にお邪魔していいですか?」と聞くと、「6/9なあ、なんかあったなあ、なんやったかな。せや、野球や。」と。さらに「あんたタイガースファンやんな?ヤフードーム行く?」の「行く?」を聞き終える前に、「行く!」

と、いうことで、ヤフードームへ。ガラガラに応援グッズをしのばせて参りました。

少し遅れて19時すぎに球場に着き、すでに1点を柳田に先制されていたものの、回は3回、まだまだわからん!と、フォークスファンに混ざって、タイガースのバットをフリフリ♬

 

f:id:ayako312:20170610000053j:image

初ヤフードーム。ええ感じ。

しかし、点は一向に入らない。チャンスは6回にやってきた。バッター好打順1番糸井がセンター前にヒット。続く北條くんはファーボールを選ぶ!(手が出ーへんかったんやと思うけどな。)糸井に代わり走者は新井良太。「新井良太て、まだおったんや!」と後ろのソフトバンクファンに言われ、思わずぷっ。

ま、結論から言うと、ノーアウト満塁で1点も入らず。

ピッチャーがよかったわ。3人ともよかった。いうても、うちの岩貞くんもよかったんやけどね。打てなかったね。残念。

 

f:id:ayako312:20170610001403j:image

 

そして、感動したことがこちら。7回にはジェット風船は当たり前!なんと、六甲おろしも流れた!セリーグでは、ホーム球場でしか流れへんもんね。

しかし、試合はそのまま1点も入らず完封負けた。

サファテの豪速球見てただけよかったと思おう!

 

帰りには、地元の餃子の美味しいお店に連れてってくれました〜。

f:id:ayako312:20170610001848j:image

 負けた悔しさ、これで帳消しやね?