★☆ Live your life ☆★

ぼちぼちのんびり書いてます。

タピる。

最近流行りのタピオカ。私は、こんなに流行る前から好きでしたよ。いや、ほんま。とはいえ、今の主流の黒い大きなタピオカではなく、中華料理屋さんのデザートとして出てくる、白い小さなタピオカ。ミルクの中に入ってるヤツ。

タピオカを飲むことをタピるって言うんですって。

 

f:id:ayako312:20190521230513j:image

1年ぐらい前に、「タピオカのお店できましたよ。」と、行きつけの美容院のカリスマ美容師に教えてもらって行きました。ミンティというお店です。冷たい飲み物をめったに飲まない私は、ホットのタピオカミルクティを注文しました。あ、これは、アイスの氷抜きです。

ホットは、紙のカップに入れてくれるので、こんなに可愛くはないのですよ。

それ以降タピるときは、アイスの氷抜きです。

 

茶葉もいろいろ選べて、オーソドックスなブラックティーだけでなく、ジャスミン、ウーロンなど選べます。

 

f:id:ayako312:20190521230915j:image

そして、オフィスの近くにできた、ゴンチャ。

どちらかというと、ミンティよりゴンチャのほうが好みです❣️

タピオカは糖質が高いから要注意だけど、近くにできたし、時々タピってます。

 

1ヶ月ほど前に、ジェジュンのお店KAVEもできたんだけど、そこにもタピオカが売っています。

どこもかしこもタピオカだけど、いまのところ、ゴンチャが一番❣️

明日もタピろう🥤

 

 

肩書き

先日、クライアントさんにお食事に誘っていただいた。担当の女性部長は、年が近いこともあり昔から親しくさせてもらっている。

お酒が入ると、会議室での話と違い、ざっくばらんになんでも話せる雰囲気になるのがいい。新しく就任された社長ともかなり打ち解けられ、事業部長ともいろいろ話せ、いい場を提供してもらえたと、感謝している。

・営業マンは1日4件訪問する

・仕事の話じゃなくていい、世間話でいい

と、営業マン出身の社長が言います。

私より1世代上の、ザ・営業マン。昔のT社のスピリッツが騒ぎます。

いろいろ話していると、社長は私の前職のT社と親しいようだ。しかも、元上司のマー君とも親しいようだ。ここで「私、前職T社です」と、言おうか言わまいか迷っていたら、女性部長が「あやこさん、前職T社ですよ。」と、言った。すると、社長が「そうか、T社ですか。だからか…納得できた。」と、おっしゃった。

 

どういう意味か?

私なりに考えたんだが、、、

うちの会社は上場もしていないし、社員も10人強、しかし、取引先といえば、名だたる大企業ばかり。ふつうに考えて、「なんで?こんなちっちゃい会社に、うちの会社がお世話になるの?」と、口にこそ出さないが、多くの人はそう思っているはず。

しかし、仕事は納得してもらえることをしているから、お付き合いは続いている。でも、「なんで?」という疑問はずっと付いて回るのだろう。

そこで、私が、前職がT社であると分かると、納得する、いや、安心する。んー、なんというか、私個人への信頼が、T社というバックボーンにより、さらに強固なものになる、、、そんな感じなんだろう。

 

T社にいたころは、私は自分個人を認めてもらって、クライアントさんに可愛がってもらっていたと、自惚れていた。現に今でも個人的にお付き合いさせてもらっている方もいる。しかし、多くは、やはり私個人ではなく、T社に在籍しているから、T社という社会的に認められた会社の社員だから、信頼してもらっていたのだと、改めて思う。

T社の管理職という肩書きが、ある意味イヤで転職したのに、結局、T社の経験が今の自分の信用の裏付けになっているというのは、なんとも皮肉なもんです。

10年以上経って、冷静に、本当に心の底からT社で経験させてもらったことに感謝している。

 

f:id:ayako312:20190519000618j:image

いずれ、恩返ししたい。

タイムスリップ(川崎編)

その日の夜は、大阪から出張で来る友人酒屋と、川崎で会う予定にしていました。川崎と言っても広い。うちのオフィスのある小田急界隈の川崎ではなく、JRのザ・川崎の方です。朝から缶ビールを飲んでいるせっしゃみたいなおじさんがわんさかおります。関西でたとえると、尼崎みたいなところ。シーやで。

美味しいイタリアンレストランがあると、友人から聞いていたものの、川崎駅近くならチャンスはないなーと思っていたところに舞い込んだチャンス。しかも、酒屋のホテルの目と鼻の先!ということで、予約をしておきました。

 

私とペッスは、銀ブラからの川崎入りなので、時間も気持ちも余裕があり、唯一昼間食べたうな重のおかげで、胃にだけ余裕がなかったけれど、まあ、ちょっとぐらい食べられるだろうと思っていました。

 

酒屋を待たずに、ペッスと先に飲み始め、酒屋が来たところでお料理をオーダー。おススメいただいた中なら、ホワイトアスパラのなんちゃら。

f:id:ayako312:20190517101655j:image

「たったこれだけやで、あんた。」と、ボイスがビッグ。

ことあと、サラダもお願いしましたが、それはそこそこの量でした。店員さんが3つに分けて出してくれました。

「アスパラがちょっとやったから、サラダは盛ってきたな。」と、やや控えめなボイスで。

 

そして、おススメいただいたピッツァの中から、シラスとシシトウのピッツァ。

f:id:ayako312:20190517102253j:image

出された、やや辛めのオリーブオイルをかけ、「えっらい辛いわ、こんだけ辛いなら言うといてもらわな困るわ」と、ボイスがビッグ、アゲイン。

酒屋とも久しぶりに会うにもかかわらず、話題はアノ話。デジャヴ?

 

相変わらずボイスがビッグなので、隣に座ったカップルがチラチリをこちらを見ます。2人の会話はほとんどない。ケンカしてるのか?別れ話か?慰謝料の話か?そんな雰囲気すら漂ってきます。

 

最後の1枚のピッツァに手を伸ばし、ポークのなんちゃらを注文しました。これ、美味しかった。

f:id:ayako312:20190517124534j:image

 

「あんたの顔、老けへんな〜」「いや、そんなことないで〜」「いや、老けへんわ〜。私みたいにシュとした顔は老けるねん」

という酒屋とペッスの会話越しに、私は隣のカップルをマジマジと観察しておりました。

女性は、もちろんペッスをガン見やわな。

そりゃ、そうなるわな。

SKIだから、ガン見👀

 

f:id:ayako312:20190517124720j:image

昼間、うな重と白焼きを食べて、それほどお腹空いてなかった割には、ちゃっかりデザートまでいただきました。食べれるもんやね。

結局、9割アノ話で、お開き。

 

次は、いつ、タイムスリップできるかな?

タイムスリップ(銀座編)

一瞬にして、1984年にタイムスリップ。気持ちはいつも高校1年生に戻る。

昼から友人ペッスと、八重洲のお気に入りのうなぎ屋「はし本」に行き、その後、銀ブラ(銀座ブラブラ)。「銀座シックス行ったことないねん。」「私も!」となり、八重洲から銀座まで歩くことにしました。どこをどう歩いたのかは全く覚えていないけど、気がつけば銀座一丁目。さて、銀座シックスはいずこ?「シックスやから、6丁目ちゃう?」「そんな簡単なネイミング?」と、ぶつぶつ言いながら、見えてきました、見慣れたブランドショップの数々。「どこやシックス」「検索する?」「いや、負けたことになるから自力で探そう」と、お上りさんのようにナナメ45度上を見ながら、さらにブラブラ。「あった!」「ここ5丁目やで!」「SIXて書いてるやん」と、ほんまにお上りさん状態。

やっと着いたと思ったら、即トイレ。

 

f:id:ayako312:20190516235151j:image

「とりあえず最上階から下ろうか」となり、上からパシャ。「最初あそこ(下を指差して)には、草間さんのオブジェ飾ってたよな」「家賃高いのに、売り場にせな、やっていかれへんから、変えたんちゃう、知らんけどな。」と大きな声で話しながら、1階まで下る。

店、入れへんのんかーい!


f:id:ayako312:20190516235155j:image

外に出て、そのビルが間違いなくシックスであることを確認してホッ。

 

「ほな、ヨーソロー探そか」「銀座でドトールは、やめよ」「ほな、あそこは?」「コーヒー850円やで、いちびっとるな。」「ほな、あそこは?」「オスロな、チェーン店やわ、コーヒー500円やわ。」と、オスロに入る。

(ヨーソローとは、かなり前の朝ドラの喫茶店の名前で、それ以降、私たちは、喫茶店を全てヨーソローと呼んでいる。)

が、しかし、コーヒー850円やん!銀座価格にやられた。

オスロこと、ヨーソローでアノ話。ケラケラ笑いながら気づけば18時前。2時間強ねばったね。

さ、川崎に移動しよかと、やっと重い腰を上げました。

八重洲から銀座に来ましたが、銀座である必要は、全くナッシング。

最初から川崎に移動しといてもよかったね。

川崎編は、次回に続きます!

グチるおっさん。

単身赴任になったおっさんに、「たいへんですねぇ」というと、「なんも大変なことあらへん、もともと家庭内別居でしたからね。掃除洗濯は難儀ですけど。」と返ってきた。

飲み会の席の話ではありません。ビジネスの場での話です。

・・・

なんか、やだわ。

 

私の大好きなお店の大将が、「自分の奥さん一人大事にでけへん男が、仕事できるワケないと思うんですよ。だからうちの店に奥さん以外の女性を連れてきた時点で僕はもうその人のことをそういう目でみてしまう。」と言ってたことがあるが、んー、全くそのとおり。

浮気しようが、愛人いようが構わないが(構わなくはないが…)、それでも自分の奥さんのことは大事にすべきだろう。

 

時々このブログに登場する私の尊敬するある会社の社長は、男前で仕事もできて、センスも良くてカッコいい。彼のFacebookには、時々奥さんが登場する。国内出張には時々奥さんもついて行っているようだ。先日も打合せのあと「最近海外出張が続いたから、今日は奥さん孝行のため、直帰するよ。」と言っていた。ステキやわ。

また、仲のいいクライアントの男性も、「今日はカミさんとデート。」と、堂々と言う。やはり、男前で穏やかでさわやかで、仕事のできる方だ。ステキやわ。

グチるおっさんはあかん。

いや、身内や仲のいい友人にはかまわない。ビジネスの場ではあかんやろ。そう思う。

f:id:ayako312:20190510234930j:image

私はおっさんではないが、そうはならないようにしよう。

 

 

スイッチ。

終わりましたね、10連休。終わっちゃいました。「10連休なんかいらんわ〜」って言うてたのに、終わってみれば、「毎年10連休ほしいなあ」という気持ちに変わっています。何をしたってわけではないけれど、ゆっくりできた。デイゲームもほとんど見れた。そして今年のGW中のタイガースの調子はめっちゃよかった!

しかし、明日から現実が始まります。私はリハビリを兼ねて、今日はちょっとだけオフィスに行きました。リハビリ兼、有意義な時間でした。

さて、私のスイッチ、つまり、仕事モードの切り替えは、何かというと、、、

 

① マニキュアを塗ること

② ヒールを履くこと

③ スーツ(または近いもの)を着ること

 

最低この三つ。

まずは、ちゃんとマニキュアを塗って、スタンバイオゲ!

 

f:id:ayako312:20190506225748j:image

明日からがんばれ!の気持ちを込めて、GW初めてのスイーツ。…の、はず、食べたかな?ほかに。

とにかく、みなさん、明日からがんばりましょう!

 

 

GW唯一の車でのお出かけ。

車で出かけたらエライ目に遭うから出かけたくなかったけど、どこにも行かないというのもなんかねぇ。混んでも1時間強ぐらいやろうということで、横浜までワンコ孝行兼ねて出かけることにしました。

 

f:id:ayako312:20190505220651j:image

山下公園では、お花のイベントがあり出店も多く人もそこそこいましたが、思ったほどではなかったです。道も空いてたし駐車場もスイスイでした。

今日は天気が良すぎるぐらいで、芝生の上を歩いていると、ゴルフ場さながらの照り返しで日焼け寸前。いや、日焼けしたね。

ワンコはほとんど歩かないし、空いていたとは言え、なかなか疲れましたよ。

 

f:id:ayako312:20190505225746j:image

山下公園から元町に移動し、ワンコと入れるレストランの中からランチのお店を探しました。しかし、元町もアレやな、ちょっと来なかったら、お店がいろいろ変わっている。元町の裏手のよく言ったレストランか閉店してました。流行っているように見えても、激戦区なのかしら。

今日のお店は、元町の1本裏手どおりの洋食レストラン。店員さんはそんなに愛想よくないけど、テラス席は3組分あり、お味もなかなかでしたよ。

 

いつもどおり、ウチキパンでパンを買い、喜久家でラムボールを買って帰ってきました。

混む前に出たので、家に着いたのは15時すぎ。

ちょうど阪神タイガースが逆転したところから見れましたよ❣️