読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★☆ Live your life ☆★

ぼちぼちのんびり書いてます。

似て非なるもの

こないだユニクロで「リラコ」を買ってん。なんて事はないステテコやわな。

f:id:ayako312:20150623232131j:image

こんなん。ハデやわ。でもかわいいわ。部屋着にはピッタリ。

最近、なんでもかんでも呼び方がいきってるよな。通常恥ずかしいようなモノやコトでも、いきった呼び方にすることによって、それが流行の先端をいってるような錯覚に陥る。
いや、実は呼び方の問題ではなく、そもそも違うモノやコトになってしまってるのかもしれない。

例えばミュール。これ、つっかけやわな。
レギンス。昔でいうスパッツ。
パンツ  →  ずぼん
ジーンズ →  ジーパン
オール  →  徹夜
ドリンク  →  ジュース
カフェ  →  喫茶店(サテン)
パンケーキ  →  ホットケーキ
 
同じモノを指すこともあれば、似て非なるものもあるね。言い方を変えるだけでいきったモノに変身するやんかいさ。

要するに、いきった呼び名をつけることにより、そのモノやコトを肯定することにつながるんちゃうか?

徹夜って聞いたら「眠い」「辛い」「おっさん」ってイメージやけど、オールって聞いたら、なんか「楽しい」「若い!」ってイメージやん?
ジーパンって聞いたらすぎちゃんみたいなん思い浮かべるけど、ジーンズって聞いたら、かっこええ外人さんがビンテージの高いジーンズ履いてるようなイメージやん?

パンケーキも今流行ってるけど、要するにホットケーキやん。でも「ホットケーキ」やったら、そこまで売れへんよな。

リラコもそうやん。これ、ステテコって売ってたら買えへんよね。

言い方一つでイメージが変わる。言い方一つでビジネスにつながるんやな。カシコやな。

私もなんか、ビジネスにつながる似て非なるモノを考えてみようかな?