読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★☆ Live your life ☆★

ぼちぼちのんびり書いてます。

正しい日本語。

うちの会社でテキストや書籍を出版している関係上、日本語の正しい表記を求められる。また業界誌にコラムを書いているので、自分の原稿を自分自身で校閲することも必要になる。前の会社に入社した当時は、新入社員全員が「ビジネス文書検定」という資格を取得させられたので、ある程度の正しい表記(てにをはや、主語と述語のよじれなど)をわかっているつもりやねんけど、なかなか難しいものがある。

先日あるテレビ番組で、「この日本語のどこがヘンか?」というクイズがあった。「女々しい」という言葉、これは男性にしか使わないとのこと。たしかに「男のくせに女々しい」ワケやからそうなんやろうけど、改めて言われて「なるほどな」となる。あと「気丈に振る舞う」は、女性と子どもにしか使わないらしい。ふーん。奥が深いね日本語。

またある番組では、「信頼していた人に裏切られて酷い目に合うこと」を動物を使ってどう表現するか?というクイズがあり、答えはもちろん「飼い犬に手を噛まれる」やね。
しかし、飼い犬に手を噛まれるという喩えはワンコを飼っている私、過去に信頼していた人に裏切られた経験を持つ私にとっては、全くしっくりこない。飼い犬に手を噛まれるなんて日常茶飯事。裏切りってそんなもんじゃない。もっと酷い、もっと辛い。だからと言っていい喩えが思いつくワケでもないのだが…。

しかしあれやね。女々しいって言葉、言葉というよりこの漢字よ。女性に対して非常に失礼な言葉やね。無意識に使うけど、改めて考えさせられました。

 

f:id:ayako312:20170307234840j:image

うちの飼い犬は時々手を噛むけど、それほどの裏切りとは思っておりませんよー。