読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★☆ Live your life ☆★

ぼちぼちのんびり書いてます。

インターネットの力。

去年の11月ごろやったかな。会社に私宛の1本の電話が。

ヤングちゃん  「アヤコさん、◯◯様という方からお電話です。」
私  「会社名は?」
ヤングちゃん  「おっしゃらなかったです。」

いつもなら、セールスの電話かなんかと思い居留守を使うところだが、何故かその日は自ら受話器を上げた。

私  「お電話かわりました。アヤコです。」
相手  「あやちゃん、私!森!R子!覚えてる?」
私  「Rちゃん?覚えてるよ!どーしたん!」

Rちゃんとは、前の会社の同期入社の子で、苦楽を共にした戦友。Rちゃんの配属された部署は、拡大するために、東京に何人か転勤させないといけなくなったんやけど、転勤を拒みやむなく退職…ということになった。
その後しばらくは会ったり、年賀状のやりとりは続いてたんやけど、私の記憶が確かならば、阪神大震災以降、疎遠になった感じ。

Rちゃんは何度か私に連絡をとるべく、実家に電話をくれたり(その頃私は一人暮らしをしてた)、勤務先に訪ねようかと考えてくれたりしたみたいやけど、あれやこれやと言う間に20年以上経ったということ。

子育てがひと段落し、そろそろ社会復帰しようかと思った矢先に、昔ともに働いた私を思い出してくれたとのこと。前に勤めてた会社に電話しようか、どうしようかいろいろ考えた結果、高校生の娘さんが「ママ、インターネットで調べてみたら?」とアドバイスして、私の名前をヤホーで検索してくれたらしい。

講演したり、業界雑誌にコラム書いたりしてるから、一応ヒットするねん。そこから今の会社におることを突き止め、会社に電話をくれたということ。

f:id:ayako312:20160120234357j:image

そのときは、「大阪に出張するときは連絡するわな!」と約束をして電話を切った。

そして、昨日(喜川浅井に行く前の45分ぐらい)会うことができましてん。
びっくりポンや!

「あの頃から10キロ近く太ったで」と言うと、「私は20キロ太ったで」と返されてしまってん。
実際はそんな太ったとは思われへんかったけど、まあ、貫禄はあったね。さすが母は強い!

積もり積もった話は尽きることはなかったけど、また会おうな!の約束をして泣く泣くバイバイしました。

すごいな、インターネットの力。インターネットがなかったら、「会いたい」とかいう番組か、探偵ナイトスクープに依頼して見つけてもらわなあかんとこやな。